未亡人と性欲全開のセックス!出会い方からセフレになるまでの方法を伝授します!

未亡人 セックス

未亡人は人妻ではあるものの、実際には独身と同じ立場ですが、元夫への罪悪感から他の男性との性関係を我慢している人が多いです。

そのため、未亡人とのセックスは、溜め込んだ性欲を一気に発散させるので、とても激しい濃厚なプレイが期待できます!

人妻の魅力を持つ未亡人ですが、立場的には独身なので不倫関係にもならずとても安心です。

リスクのない人妻と関係を持ちたい人にとっては、未亡人はセフレ候補として最適であるといえます。

今回は未亡人がセックスを求める理由や、具体的な落とし方についてを詳しく解説しましょう!

管理人愛用人妻熟女とヤレるサイト

順位 1位 2位 3位
サイト ワクワクメール
ワクワクメール[R18]

PCMAX(ピシマ)[R18]
ハッピーメール
ハッピーメール[R18]
会員数 1,500万人 2,000万人 800万人
年齢層 30歳~60歳
(人妻熟女多め)
25歳~60歳
(人妻熟女多め)
18歳~45歳
(若人妻熟女多め)
無料特典 最大1,200円相当P 最大1,000円相当P 最大1,200円相当P
確率 94%出会える 88%出会える 79%出会える
公式リンク ★詳細はコチラ★ ★詳細はコチラ★ ★詳細はコチラ★

未亡人がセックスを求める理由

未亡人 セックス 求める
最愛の夫を亡くし悲しみにくれる未亡人が、セックスを求めるなんてほとんどの人は思いもよらないことでしょう。

夫を亡くしたばかりで、他の男性とセックスをしたいと思う未亡人が世の中にいるなんて想像もつかないですよね・・・

しかし、悲しみとは裏腹に未亡人の心情は、セックスをしたいという性的欲求へとだんだん変化していきます。

人間ですもん、性欲が沸くのは当然のことです。

寂しいから

未亡人の心情の第1段階として最も強いのは、「寂しさ」です。

家庭を持つ人であれば、家族との別れで経験する「悲しみや寂しさ」の心情は理解できるのではないでしょうか。

未亡人も最初は、

「夫がいなくなって寂しい」

という気持ちが強かったものの、だんだん時間が経つに連れると・・・

「男性との関わりがなくて寂しい」

という心情へと変化していくのです。

この「男性との関わり」とは「肌の触れ合い」のことを指し、最初の「夫がいない寂しさ」から、「男性との肌の触れ合いがない寂しさ」へと心情が変化していった結果、自然とセックスを求めるようになっていきます。

未亡人の性欲は気持ちと関係なく溜まる

悲しみのどん底にいる未亡人ですが、生きている人間である限り、

・食欲
・性欲
・睡眠欲

三大欲求がなくなることはありません。

しかも、夫と死別するというような、強いストレスがかかってしまうと、よりこれらの三大欲求が強くなる傾向があります。

未亡人は、夫を亡くした強い精神的ストレス負荷により、より性欲が高まった状態になるため

「セックスがしたい!」

と思うようになるのです。

一歩踏み出したいから

夫との死別を乗り越え、新しい一歩を踏み出すために、セフレを求める未亡人も少なくはありません。

最愛だった夫が亡くなった直後は、「もう誰も愛せないかもしれない」と思う未亡人も実は多いです。

しかし、時が経つにつれて「このまま立ち止まっているわけにはいかない!自分を変えたい!」と思うようになり、その決意から新しいセフレを求めるようになるのです。

新しい男性とのセックスは、「自分を変えるため・新しい生活をスタートさせるため」の第一歩であり、心機一転したいという未亡人の心の表れでもあるのです。

未亡人はセックスで現実逃避したい

夫を失った悲しみを紛らわせるために、未亡人はセックスで現実逃避をする人も少なくはありません。

心の傷を癒やすために、「セックスという快楽に逃避する」のです。

女性はショックな出来事があると、セックスで心を満たそうとし、セックス中毒になる人も少なくはありません。

このような女性は精神的に弱く、他人に依存する傾向があります。

そのため、セックスで現実逃避する未亡人は、精神的に夫に強く依存していた人である場合が多いです。

夫という心の拠り所を無くしてしまったため、代わりにセックスで心を満たそうとするのです。

自暴自棄・現実逃避タイプの未亡人は、自らセックスを求めてくるので、とても簡単に落とすことができます。

セックスできる未亡人の特徴

未亡人 セックス 特徴未亡人はセックスできる相手を探している人が多いので、セックスできる未亡人であるかどうかを見分けることさえできれば、簡単に落とすことができます。

普段の生活の中で未亡人と接する機会は少ないですが、セックスできる未亡人にはどんな特徴があるのでしょうか?

次からは、セックスできる未亡人の特徴を詳しく解説します。

子どもがまだ小さい

子どもがまだ小さい未亡人は、セックスだけを求めている場合が多いのでおすすめです。

子どもがある程度成長している未亡人の場合には、子どもが親の恋愛や結婚に対して理解を示してくれることが多いので、再婚を視野に入れた真剣な付き合いを考えます。

しかし、子どもがまだ小さい場合、子どもの教育上新しい家庭を築くのが困難なことが多いため、真剣な付き合いよりも気軽にセックスを楽しめるセフレを求めている未亡人が多いからです。

とくにセフレに適しているのが、幼稚園〜小学生低学年くらいの子どもを持つ未亡人です。

子どもを幼稚園や学校に送り出した後は、未亡人は時間に余裕があるため、気楽にセックスできる相手を求めているのです。

30~40代の未亡人

30〜40代の未亡人も、比較的簡単にセックスすることができるのでおすすめです。

なぜなら、女性の性欲のピークが30代後半〜40代前半だからです。

若い頃であれば、出会いがたくさんあることから、性欲の解消に困ることはありません。

しかし、30〜40代ともなると、異性との出会いは極端に少なくなります。

それは、未亡人であっても同じことであり、むしろ既婚者である未亡人の方が、独身の同世代女性よりも出会いが少ない可能性は高いです。

そのため、30〜40代の未亡人は性欲を溜め込んでいる場合が多いので、簡単にセックスができ、セフレとしても長く付き合いやすいのです。

未亡人になって数年経っている

性欲が強い女性といえども、さすがに夫との死別直後は他の男性とセックスをするのは気が引けます。

バレたときの周りの目や、元夫への罪悪感などから、セックス願望はあっても実際に行動に移すことは少ないです。

しかし、年月を経ることにより、死別の精神的ショックもやわらぐことから、未亡人も徐々に性欲が高まってきます。

そのため、夫との死別後2〜3年以上経過した未亡人であれば、セックスできる可能性はかなり高いでしょう。

また、もともとがセックスレスであった夫婦の場合には、死別直後でもすぐにセックスできる未亡人もいるため、落としたい相手の様子を伺いながらアプローチすることをおすすめします。

未亡人と出会うなら出会い系サイト

未亡人はセックスを楽しむ相手として、最適であることはわかったものの、普段の生活の中で出会うことは滅多にありません。

それでは、未亡人をセフレにしたい場合にはどこで出会えるのかというと、最も効率的に出会えるのは「出会い系サイト」です!

出会い系サイトは、アダルト目的で利用する人も多く気軽に登録することができるので、未亡人女性も数多く存在します。
ただし、プロフィールに「未亡人です」と書く女性のほとんどは業者なので、素人の未亡人女性を探すのであれば、「死別」というキーワードで検索するようにしましょう。

また、未亡人熟女を探している人の場合には、自分から積極的にアプローチすることで、成功率が高くなります。

熟女は自分の年齢や容姿に引け目を感じている人も多いので、セフレ探しを目的としていても、自分から積極的に男性にアプローチすることはほぼありません。

そのため、未亡人熟女を落としたいのであれば、気に入った女性には自分からどんどんメッセージを送るようにしましょう。

未亡人とセックスするコツ

未亡人と出会い系サイトで出会うことができら、実際に会う約束をし、セックスに持ち込みましょう。

しかし、「未亡人は簡単にセックスができる」「セフレを求めている」というような先入観でやり取りをすると、最初の段階でスルーされてしまうおそれがあるので、慎重に進めるようにしましょう!

次からは、未亡人とセックスするコツについてを、詳しく解説していきます。

聞き役になる

未亡人だからといって「簡単にセックスができるだろう」と、上から目線でやり取りをすると、すぐにバレてしまうので注意してください。

いくらセックスがしたい、セフレが欲しいと思っていても、誰でもいいからすぐにセックスをするというような未亡人は、実際にはほとんどいません。

未亡人であっても女性としての心は同じなので、丁寧に信頼関係を築くことがセックスをするためのコツです。
未亡人が求めているのは、最初の段階ではセックス相手ではなく、「話を聞いてくれる人」です。

そのため、まずは未亡人の話をきちんと聞いてあげることに徹しましょう。
すべてを本当に聞かなくても良いので、とにかく「聞いている風」を装い、相づちなどを打つようにしてください。

話を聞いてくれていると感じさせることにより、未亡人は「一緒にいることが楽しい」と思うようになります。

デートに誘う

未亡人は、夫と死別後、デートなどの楽しいことから遠ざかっている人が多いです。
機会があっても「夫に悪い気がする」という罪悪感から、地味に生きることを選んで生きてきてしまった人も中にはいます。

そんな楽しい機会を我慢したり逃してきた未亡人には、「楽しいデートに誘う」ことが、セックスをするためのコツです!
未亡人をデートで楽しませ、一緒にいて幸せだと感じさせることができれば、そのままホテルに直行しセックスすることも可能です。

とはいえ、焦らずじっくりデートを楽しんでからセックスに持ち込んだ方が、その後も良いセフレの関係を築くことができるので、初回ではなく2回目のデートでホテルに誘うことをおすすめします。

未亡人として扱わない

未亡人は、「夫と死別した女性」という立場上、どうしても気の毒に思ってしまいがちです。
しかし、未亡人だからといって、可哀想な人扱いをするのはNGです。

未亡人は、可哀想な人として扱われることが多く、同情などにはもう心底うんざりしている人が多いからです。
また、セックスをする関係=男女の関係においては、未亡人扱いをすると「同情心で優しくされている」と感じ、とても嫌な気分になってしまう場合もあります。

そのため、未亡人を落としたいのであれば、「1人の女性」として扱うことが重要です。
未亡人だからではなく、「あなただから口説いている」というような事を、しっかりと相手に伝えるようにしましょう。

その言葉を聞くことにより、未亡人は「自分を特別な女性としてみてくれている」と思い、あなたに心も身体も許してくれるはずです。

未亡人はセフレに最適!

未亡人は、男性の肌や温もりを求めているので、セックスをすることは簡単です。
未亡人という立場から、本心ではセックスがしたいのに、我慢し続けている人が多いからです。

未亡人を1人の女性として扱い、デートやセックスを楽しませてあげることができれば、セフレとしても良好な関係を続けることができます!

確実にセックスできる相手を見つけることができます!
今なら無料お試しで人妻にメールが送れるよ★